アルバムを買ったのだがなんか違う。でもその中で一曲だけ好きな曲みつけた。そんなアルバムとその一曲を紹介します。どの曲も、みなさん一度は耳にしたことのある有名曲だと思います。

O Caroline/Matching Mole 「そっくりモグラ」より

元Soft MachineのRobert Wyattのバンドだそうですが、そんな事もつゆ知らず、帯に書かれた「そっくりモグラ」というバンド名直訳のタイトルと、100円ショップのタッパーに描かれていそうなチープなイラストのジャケットに惹かれ買ってしまいました。一曲目がこの奇跡的な名曲、予想を裏切りイントロのフルートが左耳を優しくくすぐります。そして2曲目以降はふつうのプログレッシブ・ロックです。

 

Misty Roses/Tim Hardin「Tim Hardin 1」より

ケニー・ランキンやコリン・ブランストーン、アストラッド・ジルベルト他沢山のアーティストからカヴァーされているティム・ハーディンの名曲。この曲が収録されているアルバム「Tim Haradin 1」、全体を通してフォーク・カントリーの趣向が強いものに仕上がっていますが、「Misty Roses」のおかげでほのかな気品漂う一枚に。

 

  

Buy and Sell/Laura Nyro「The Firest Songs」より

ファルセットと地声を行ったり来たり、無駄にロングトーン。70年代女性SSWのアーティストの一人、ローラ・ニーロ。NICE PRICE!これだけは聴いておいて損はない!、みたいな印象がありますが実は非常に癖が強くとっつきにくいです。それに加えて、ピアノの弾語り曲とブルーアイドソウルらしい曲が入り交じるバラバラした一作目ですが、Buy and Sellだけは歌詞を含め銘作。

 

  

She Sells/Roxy Music「Siren」より

いやらしい色のテーラードを身にまといくねくね踊る軽薄そうなおじさん。HR/HM目当てで子供の頃に観ていたMTVでの印象がとても悪くほとんどの曲を好きになれませんでしたが、その中から一曲だけお気に入りを見つけました。(そういうの、ものすごく嬉しいですよね。)ファンからすれば彼ららしくなく、捻りのないブリットポップと言った感じでしょうか。タイトなリズムとチェッカーズのフミヤさんが参考にしたと思われるアオアオアオーという「吠え」が格好良いです。聴いてみてください。

広告