カテゴリーアーカイブ: Uncategorized
広告

おいしいおんがく_new

モナレコードのおいしいおんがく~BEST&FINAL~

11/19発売 予約受付け中

僕の曲、「明日世界が終わっても」をモナレコードのユキさん監修による
最後のV.A.に収録して頂く事となりました。初のCD化になります。
数多の素晴らしいミュージシャンとのコンピレーション、
非常に光栄に思います。ユキさん、本当にお世話になりました。
ライブ出演のオファーを何度か頂く度にいつも適当な言い訳を言って
超逃げまくって済みませんでした。

※以下抜粋です。

オープン当初からリリースしてきたモナレコードのコンピシリーズ『おいしいおんがく』も初代店長ユキの引退に伴い終了!これまでリリースしてきたタイトルの中からユキが独断と偏見で選んだ珠玉の全32曲!!モナの歴史を象徴する1枚となりました。

DISC 1

1.ユメオチ「若き日の思索のために」
2.ビーフ「明日世界が終わっても」
3. anticlockwise「スロースターター」
4. hanabsa「わすれもの」
5.オガワマユ「青いピアノ、けものと宝石」
6.村田知哉「第七話」
7. harmonic hammock「ハローとグッバイ」
8.アベジュリー「オールドストア」
9. mopsy flopsy「ルベリエ」
10.シガレットシーワズ「情熱を取り戻そう」
11.けもの「星めぐりの歌」
12. mahos「幌」
13.浅岡泰彦「milk tea」
14.アナホールクラブバンド「牛」
15.堀下さゆり「ワンツースリー~飯豊小のテーマ~」
16. mellow point recorder「キオクの森」

DISC 2

1.HARCO with FRIENDS 「mona records five years」
2.elect-link「木の下で」
3.OishiiOishii「あせない空」
4.PawPaw「黒い森」
5.The Danny Smith Project「Billy The Stroller」
6.giraffe「朝のきりん」
7.スモゥルフィッシュ「珈琲賛歌」
8.MiyuMiyu「supply」
9.三輪二郎「しろい魚」
10.城領明子「大阪ニューヨーク」
11.中村英哲「LIGHT」
12.森川アキコ「泳ぐ人2」
13.南風「この街へようこそ」
14.Shiggy Jr.「サンキュー」
15.ルルルルズ「POP LIFE」
16.曽我部恵一「mona recordsクロージングタイム・テーマ」

(sugarhate version が入ったら面白かったな〜)

ある日、何気なくsoundcloudを開いたら「明日世界が終わっても」という見慣れた曲名がstreamに。おや、ずいぶん前に作った曲がなぜだろう?と、作者をみたら会ったことも話した事もない、知らない人によるカバーが掲載されていたのです。本当にびっくりした。

歌っているのはSUGARHATEさんというソウル在住のSSWの方で、彼女のsoundcloudには韓国語の曲はもちろん、英語、日本語の曲の数々。岡村靖幸さんやメレンゲ、そして僕の大好きなキリンジのカバーなんかもあり、ジャンルを超えたチョイスは造詣の深さをうかがわせます。(その中で、ビーフの曲は圧倒的に無名の曲です。)soundcloudの他に、彼女のyoutubeチャンネルにはたくさんの弾語り動画があり、もう、兎にも角にも歌うことが大好きなのでしょうね。

歌いながらつま弾く力の抜けた自然なアルペジオ。間奏のフレーズ、タイム感、そして可憐でいて力強い声。専門的な解説はうまいこと出来ませんが、どれをとっても大好きです、羨ましい。

このカバーを聴いたどなたかがtwitterで「現代の神田川※だ」とつぶやいていたけれど、なかなか良いことを言いますね。僕自身もまるで他人が作った曲を聴いたかのようにしみじみ良い曲だなと感じました。

歌詞にある何気なくも愛おしい日常は、実のところ理想や希望を込めたフィクションなわけです。(まあ、どこまで言ったらいいのか分かりませんが。)ところが今回のこのアレンジによって、原曲に描かれている風景が現実味を帯びて聴いた人の耳に心に届くものに変貌しています。これはまぎれもなく彼女の歌のちからのお陰であろう、と言いたいのであります。ありがとう。

10702086_725436097504139_8036992420417569013_n

11/5後記:SUGARHATEさんのブログでも紹介して頂いているようです。(NAVER翻訳サイト経由で表示)

※「神田川」(かんだがわ)は、かぐや姫(当時のグループ名は、南こうせつとかぐや姫)が歌った日本のフォークソング。1973年(昭和48年)9月20日にシングルが発売された。1970年代の若者文化を象徴する作品のひとつに数えられており、中野区内の末広橋近くの公園には「神田川」の歌詞碑が建てられている。(wikipediaより抜粋)

grayT

Size S, M, L Price ¥1,929

さわりごこちはふにゃっとした感じで、パジャマにも良い。

身幅が結構あるので脇の下に風を感じる。

大幅プライスダウンで再発。取り扱いはモナレコード(通販)、

8月25日より蔦屋代官山にて(期間限定)。

サイズ S   M   L

身丈  60  62  64
身幅  46  50  53
肩幅  40  43  46
袖丈  15  17  18

spec: 5.0オンス/杢/綿88%/レーヨン12%/丸胴
(C)2013 WET UNION INSTITUTE ALL RIGHT RESERVED.

itunesprevたのしい宅録 – EP(iTunes)

2012年に発表され幻の名盤となっていたビーフの1st EP「たのしい宅録」がいよいよiTunesにて販売開始。4曲入り600円。よろしくお願いします。

 

 

 

air

だいぶ前になりますが、youtubeにアップされていないため、お知らせ。
宝石、宝飾品ブランドのnagahoriさんのCM音楽を作りました。
このCMの為のオリジナル曲です。(普段歌わない英語の歌詞に照れます。)
撮影はCasa BRUTUS連載の「蒼井優・春夏秋冬かき氷」でおなじみの木寺紀雄さん。

 

限定公開なので、上のyoutubeが見られない場合はhttp://youtu.be/gBr3lmHEAUAをクリックかペーストして下さい。

mama

CM音楽を2本ほど作った。ただの会社員なのですが、ときどきこうしてお話を頂く。うれしい。

6月放送予定のものは歌もので、苦手な苦手な英語の歌詞。原案になる簡単な詞を頂いたが、メロディに合わせ大幅に改定した。このCMの撮影方法がとても興味深く、演者に気づかれないよう隠しカメラで撮るというもの。自然な表情を捉えるためだろう。特殊な撮影方法だったため、いっさいの映像を観ずに作曲したのだが、奇跡的にはまった。英詞のネイティブチェックをしてくれたのだろうか、少々不安。

そしてつい先日仕上がった7月放送予定のものは、60秒の長尺インストゥルメンタル。今ある手持ちの曲を作り変えて作ろうといったような打ち合わせになったが、映像を観ているうちにポーンとメロディがうまれ、これしかないな、これしかないだろう、という風に思えるとてもいい曲が出来た。それ含め3曲デモを聴いてもらったのだが全てボツになり、残念ながらテストで映像にあてていた既存曲になった。既存曲といってももちろん自分の曲なのでぜんぜんこれでいいのだ。それをインストにアレンジして納品。仕上がりを観たら結果的に良かったなと思った。

どちらもオンエア前なので内容はあかせないけど、またここで発表しようと思います。5月にとてもいやな事があったけど、それに勝るいい事があった。たすかった。

studiopano

 

湿ったスタジオをパノラマで2/3ぐるり。

屋根裏部屋にはつらい季節がやってきます。


スクリーンショット 2013-02-18 13.20.08

 

 

Tomei Shashin 4 by 5 REMIX
music and lyric: Aya Hosoi
Vocal: beef
Keyboard/Computer manipulation: Todd Rundgren
Guitar: Steve Lukather(ex.TOTO), John Sykes
Bass:Matt Van Schie(VAN SHE)
Drum: Tommy Aldridge, Alex Van Halen(Van Halen)
Percussion: Reni(ex.stone roses)
Special thanks: Sammy Hagar, Jonathan Cain(ex.Bad English),
Karl Hyde(underworld), Christopher Bear(Grizzly Bear)