studiopano

 

湿ったスタジオをパノラマで2/3ぐるり。

屋根裏部屋にはつらい季節がやってきます。

広告

image_tanoshiitakuroku_03

halken(ハルケン)という、山形と仙台を拠点にしたパブリッシャーさんにて委託販売をはじめました。晴子さんと健二くんが立ち上げたからハルケンなのです。ビーフには縁遠い、素敵なアートやデザインの出版物を取り扱っているお店です。置いてあるお店が増えたのは喜ばしいことですが、モナレコードさん含め残り数枚ですので、ご入用の方はどうぞお早めに。以上、宣伝でした。


スクリーンショット 2013-02-18 13.20.08

 

 

Tomei Shashin 4 by 5 REMIX
music and lyric: Aya Hosoi
Vocal: beef
Keyboard/Computer manipulation: Todd Rundgren
Guitar: Steve Lukather(ex.TOTO), John Sykes
Bass:Matt Van Schie(VAN SHE)
Drum: Tommy Aldridge, Alex Van Halen(Van Halen)
Percussion: Reni(ex.stone roses)
Special thanks: Sammy Hagar, Jonathan Cain(ex.Bad English),
Karl Hyde(underworld), Christopher Bear(Grizzly Bear)

 

 

明けましておめでとうございます!
明日1月5日19時より、阿佐ヶ谷ヴィオロンという
名曲喫茶にて演奏会をします。

CDを聴きここを見て下さった方、はじめまして。
「たのしい宅録」にはたのしい楽器の音がいっぱい入っていますが、
生演奏の際は、ギターの弾き語りによる独奏です。
「コレジャナイ」と色んな意味で思われるかと思いますが、

まったく違うものとしてたのしんで頂ければさいわいです。

しかし今回の演奏会、一人じゃないんです。ムムムー。2部編成です。
前半はビーフの部、そして後半は松井ロールさんの部です。

前半は前回以上にのんべんだらりとビーフが独奏します。
新しい曲も少しだけ練習してるのでがんばります。
しかしなんといっても今回の目玉は後半の部でしょうね。
共演、わくわくしています。いきさつについてなどいろいろ書きたいところですが、
それは明日が終わってから。

kokuchi_visual

20120827-221649.jpg

かかった

J-WAVEで、藤井フミヤさんの次の次にビーフの「髪留め蛍光カラー」がかかった。

と思ったら、リストを逆にみていたようで、タヒチ80の次の次、サニーデイサービスの次にかかった。

聴きたかったけど、その時間は会社のトイレで火鍋を出してた。

この番組なんとかして手に入れたいな〜。

前回の演奏会から約半年ぶりです。その節はお世話になりました。新年早々ですが、また阿佐ヶ谷ヴィオロンにて「歌とギターの演奏会」をやります。今回はゲストを交えて二部構成で。チケット制ではありません。そして残念ながらお酒は無いので道すがらひっかけてきてください。よろしければ、ぜひ。

 

お久しぶりです、ビーフです。ご連絡がだいぶ遅くなりましたが、そういえば、Google+ の音楽をつくりました。といっても以前からの持ち曲で、タイトルは「はちの飼育」といいます(原曲はこちら)。それをこのCMのお話用にアレンジしたわけです。ところで、ここで登場するラーメン屋さん、六本木の天鳳というお店で、別名「めんばり」といいます。その通称通り、ものすごい固い麺が特徴のお店。真夜中になると、よく会社の先輩に連れてってもらって、次の日は消化不良と胃もたれで会社に行けなくなる、なんて事もよくありました。

CM用の曲はこれまた久しぶりです。お題があってそれに向かって作っていくのは、ふだんの作曲とはまた全然違っていてたのしいです。以前やったやつもかき集めたいんだけど、メディアの変遷期だったころのはもう素材が無いなあ。検索しても出てこない。

唯一聴けるのがこれ。「パパパ、レ・レ・レイク」というサウンドロゴの部分だけです。たとえばこんなのももうデッドリンクです。もう8年前だものなあ。

インターネットが
繋がらなかったよ
インターネットの
君が恋しくて

インターネットで
出会った君と僕
クリックを
繰り返す君と僕

空や山や海超えて
疑いの無い速度で
裸の君を見つめたい
回線を腫らして

寝られなかったよ
眠たくなかったよ
今きみは、
なにをしているの
どこにいるの

地位や名声や財を捨てて
さらけ出すシンボル
願いごとを叶えてくれ
通信したい、君と

インターネットが
繋がっていたとき
幸せだったよ
何気ない毎日が

インターネットに
頑張れと言ってる
インターネットに
涙を流してる

インターネットが
愛しくて恋しくて
でもいまは真っ黒な
画面に映る、
中年を見てる
じっと見てる

はじめてのCD!大量生産されたそれを見てるだけでよだれでます。下北沢モナレコードさんにて取扱中。DEMO音源のように非常に拙い作品集ではありますが、たのしいたのしい宅録への情熱がそのまま詰まったものになっていると思ってます。よろしければ。

http://www.mona-records.com/shop/item/post_263.php

たのしい宅録/ビーフ
レーベル:ウエットユニオンインスティテュート
メディア:CD(紙ジャケット+歌詞カード付)
価格:700円
収録曲
1.春よ来いよ
2.髪留め蛍光カラー
3.休日の画家
4.プリーズビーフ

20120830-184948.jpg

20120830-185159.jpg

2012年9月2日日曜日、阿佐ヶ谷ヴィオロンにて生演奏をしてきました。ライブは5年ぶりぐらいと思っていたんですが、閉鎖した昔のブログを読み直したら実に7年半ぶりでした。
一曲目の「色」の出だしを歌った時、自分の声に鳥肌たってました。ハハハ!その後、だんだんと耳が遠くなって水中の中で歌っているようでした。

沢山のお客さんでびっくりしました。福岡、長野・・・ものすごく遠くから来て下さった方がいらっしゃってびっくりしました。いま職場ですがまだ気持ちがフワフワしています。もう少し落ち着いたら後記を書こうとおもいます。悪天候の中、お越しいただき本当にありがとうございました。CDもたくさん買ってくださりありがとうありがとう!

9/4追記:
後記を書こうと思っていたのですが、いらっしゃった皆さんががんがん書いてるのでもう満足です。なにも書きますまい。これ何度も読んで浴槽の中で「あーっ!」って叫ぶ予定。

ビーフさんの演奏会に行ってきた(晴天4号/ほそいあや)
http://seiten4go.com/diary/nicky.cgi?DT=20120903A#20120903A

変わらぬ日々の中(ローリングロール/松井ロール)
http://d.hatena.ne.jp/matsui_roll/20120903

ビーフ「歌とギターの演奏会」@阿佐ヶ谷ヴィオロン(デイ・バイ・デイ/taso)
http://day.living-tokyo.com/?p=14695

ビーフ ライブ@ヴィオロンに行ってきた(暮らしの音楽・暮らしのボサノヴァ/heli)
http://t.co/E2zCmvJ9